半導体製造装置・関連装置の設計・製作 シェルエレクトロニクス株式会社

会社概要

会社概要

社 名
シェルエレクトロニクス株式会社
所在地
〒870-0278 大分県大分市青崎1丁目12番18号
TEL 097-528-8826(代) FAX 097-522-4143
資本金
1300万円
設 立
平成2年(1990年)7月
代表者
代表取締役社長 森竹隆広
取締役
取締役会長 甲斐義縁
取締役常務 堤亮一
従業員数
30名
主要取引銀行
大分銀行 豊和銀行
事業内容
各種機械装置の設計・製作/制御系ハード・ソフトウェア受託開発/制御盤配線
プリント基板設計~実装/BGAリワーク・リボール業務/各種基板配線
自社開発品ソケットクリーニング装置(PCS-1000)・コンタクトプローブ挿抜装置(PPIE-1000)の販売
医療・福祉及びIoT機器の設計、製作

ご挨拶

当社は設立以来、主として半導体向け装置などを手掛けてまいりました。半導体向け装置というと、お客様よりスピードと精度を強く要求されます。また稼働している時間も長く、故障の少ない設計や作りこみも必要です。制御する相手も様々で機械・電気以外の知識も必要とされます。そんな業界の中で我々は鍛えられてまいりました。その経験をもとにここ最近では自動車、太陽光発電、リハビリ機器、食品向け等に関連する事業もさせていただいております。また取引先も国内のみならず海外からのお引き合いも多くいただけるようになりメイド・イン・ジャパンの名を汚すことのないように品質向上やサービスに取り組んでおります。

わが故郷大分県…“日本一のおんせん県おおいた 味力も満載”をキャッチフレーズに全国PRをしています。湧出量日本一の良質な温泉、関サバ、関アジに代表される新鮮な魚、黒毛和種の豊後牛、全国ブランドで有名な麦焼酎、海あり山ありの豊かな自然環境…ぜひ皆様にもこの大分県を実感してもらいたいと思います。

そんな素晴らしい環境の中、私どもはものづくり企業の一員として皆様が満足いただける製品やサービスを精一杯、提供させて頂きます。大分は少し遠いかと思われる企業様もいらっしゃるかと思いますが、それ以上のメリットを感じていただけるように頑張っていく所存ですので、どうぞ我らシェルエレクトロニクス株式会社を宜しくお願い申し上げます。

企業理念

  • 常に挑戦者精神を持って新たな技術やニーズに創造力を持って応える
  • 謙虚な姿勢と責任ある行動でお客様から信頼される営業活動やサービスを提供する
  • 堅実・健全・協調を礎とし、社会に必要とされる企業を目指す

沿  革

1979年
電子技研大分株式会社(半導体後工程製造)設立
技術部として内製装置開発やテスト用基板やバーインボードの製作を行う
1990年
電子技研大分株式会社技術部が分離しシェルエレクトロニクス株式会社設立
甲斐義縁が代表取締役に就任
1994年
大分市青崎より大分市新貝に新築移転
資本金500万円より1300万円に増資
2005年
鉛フリー対応リフロー装置を導入
BGAリワーク・リボール装置を導入
ISO9001認証取得
2006年
現住所に移転
2008年
森竹隆広が代表取締役に就任
ICテスト用ソケットクリーニング装置PCS-1000を開発
2010年
チップマウンター装置を導入
2014年
コンタクトプローブ挿抜装置(PPIE-1000)を開発
2016年
脊髄損傷者向け排泄支援装置で大分県ビジネスプラングランプリ最優秀賞受賞
2018年
脊髄損傷者向け排泄支援装置でテクノエイド協会障害者自立支援機器導入好事例賞受賞

TOP